髪の毛を増やす

マッサージ

 薄毛の悩みをかかえている人は、ワラにもすがる思いで最善の方法を模索しています。発毛・育毛はすぐに効果が出ず、個人差も生まれますし、カツラや部分ウィッグはどうしても不自然になります。自然な髪を手に入れるために人工毛を植毛するという手段がありますが、それはその場しのぎであって、自分の髪が生えてくるわけではありません。やはり自分の頭には自分の髪が一番似合っています。そこで、最近では自毛植毛という方法が注目されています。  自毛植毛は欧米ではだいぶ昔から認知されていて、遅れながら日本でも多くのクリニックなどが手がけ始め、その効果を実感している人は多いかと思います。  失敗の少ない自毛植毛はこれから主流になると予想され、大きな市場を形成していくでしょう。

 自毛植毛は簡単に言うと、頭髪の濃い部分からドナーを採取して、薄いところに植毛する方法です。人工毛に比べて失敗も少なく、自分の毛なのでメンテナンスも必要ありませんし、生える喜びを実感することができます。  主にFUT法・FUE法という二種類の方法がありますが、前者は皮膚ごと切り取りドナーを採取する方法で、採取失敗による毛根の死滅が少ないのが特徴です。後者は一つ一つの毛髪をくりぬく方法で、メスを入れる必要がないので、手術跡も目立ちません。どちらが良いのは髪の状況にもよって変わってきますし、クリニックによっては一方しか取り扱ってないこともあります。  最近では人工植毛で失敗した人などが、自毛植毛へとシフトする人も多く、ますます人気は高まっていくでしょう。